• エッジ
  • EDGE - 加速するエッジコンピューティングの最新動向

KDDI、三菱重工、NECネッツエスアイの3社、サーバーの液浸冷却および小型データセンターの実現に向けた実証実験を開始

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

KDDI株式会社、三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)、NECネッツエスアイ株式会社の3社は21日、地球環境保全を目的とした消費電力削減および脱炭素化の取り組みとして、液体でサーバーを冷却する液浸冷却装置を活用し、それらをコンテナに収容した小型データセンターの実現および、国内における2022年度の社会実装を目指して、実証実験を開始すると発表した。実証実験は2021年12月末までを予定。

KDDIはこれまで、地球環境保全に向けた取り組みとして、2020年7月から台湾において、冷却媒体に液体を利用した液浸冷却技術でIT機器を高効率に冷却をする検証に加え、その冷却技術を活用し、20ftのコンテナにデータセンターを収容する検証を行った。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。