MWCが新型コロナウイルスの影響で中止

モバイルワールドコングレス(MWC)イベントは、スペインバルセロナで2週間強開催される予定でしたが、covid-19として知られる新型コロナウイルスの懸念により主要スポンサーが撤退し、主催者のGSMAは開催中止を判断しました。

通常約100,000人の来場者があるこのイベントは、Amazon、BT、Cisco、Deutsche Telekom、Facebook、Ericsson、Intel、LG、Nvidia Orange、Sony、Vodafoneなどの大手企業が出展を見送り、実質開催不可能な状態に追い込まれた、とGSMAはコメントしています。このグループは、ウイルスに感染した世界中の人々に同情を表明し、翌年のMWC 2021にバルセロナに戻ることを約束しました。

不可能

「バルセロナ、そしてホスト国の安全・健康的な環境を考慮して、GSMAはMWCバルセロナ2020の中止を決定しました。コロナウイルスの発生、渡航に関する懸念、その他の状況に関する世界的な懸念の要因により、イベントの開催が不可能になったためです。」とGSMA CEOのジョン・ホフマン氏は声明でこう述べています。

2月24〜27日で開催が予定されていた今年の展示会は、2006年以降バルセロナに会場を移しましたが、以前は3GSM World Congress、そしてGSM World Congressという名前でニースで開催されており、通算で15回目となるイベントでした。

GSMAは、政府が公衆衛生上の緊急事態を宣言し、GSMAが保険に基づき損失を請求できるよう期待し、スペイン政府との協議を進めていると見られています。MWCはバルセロナ市に5億ユーロ(543百万ドル)近くの経済効果をもたらすとみられており、より厳しい安全性測定を持ってイベントの開催継続を望んでいます。

– shutterstock

交渉が明らかに障害に突き当たり、さらなる中止はGSMAの手を強めるでしょう。

「開催都市の締約国は今回の判断を尊重し理解している。」とホフマン氏は言います。「GSMAと開催都市の締約国は、MWCバルセロナ2021および将来の開催に向けて、引き続き一丸となって動き、お互いをサポートしていく。」

MWCはもともと携帯電話メーカーと通信事業者向けのイベントでしたが、その後進化を遂げ、5Gなどの開発がインフラのデータ機能に与える影響が増大しつつあり、インフラ関連全般の出展を含めるようになりました。モジュラーデータセンターや電源関連技術は、そこでの展示の一部となっています。

これまでに約60,000人がcovid-19ウイルスに感染し、約1,400人の重症患者であると診断されています。ただし、このデータは限定的で、実際はより多い可能性があります。大多数の症例は依然として中国で起きています。

Data Center Dynamics

原文はこちら