HPE CEOがCovid-19に陽性反応、「現在体調は回復」

来週のHPE Discoverイベントに向けて業務を継続する予定

Hewlett Packard Enterprise(HPE)のCEO、アントニオ・ネリ氏が新型コロナウイルスに感染した事が明らかになりました。

ネリ氏は、自身の体調はすでに回復しており、在宅勤務を続けるつもりであると述べています。

最悪の事態を乗り越えた

「個人的に残念な知らせがある。昨日、私はCovid-19に陽性反応を示した。」とネリ氏はLinkedInの投稿で述べました。

「良い知らせとして、体調は既に回復し、在宅隔離の間、平常通り仕事を続けるつもりだ。HewlettPackard Enterprise Discover Virtual Experienceイベントは、来週予定通り行われる…ひとまず、順調に回復して良かった。」

ネリ氏は、DCDも参加するHPE Discoverオンラインイベントにおいて、基調講演と記者発表会を行う予定です。

同社は、Covid-19パンデミックの影響で大打撃を受けた数多くの企業の1社です。同社は先月、サプライチェーンの混乱と売上減少による収益への影響を警告していました。

対応策として、HPEは、今後3年間の給与削減、レイオフ、無給休暇など、一連の大幅なコスト削減策を計画しています。

グローバルセールスヘッドのフィル・デイビス氏(現在はAWS)、スーパーコンピューティング部門CTO スティーブ・スコット氏(マイクロソフトへ)、CTO マーク・ポッター氏(今夏退任)など、著名な幹部数名が同社を去っています。

Data Center Dynamics

原文はこちら