OVHcloud、2021年に火災が発生したストラスブールのデータセンターを再構築

新施設では、バッテリーや電気系統をデータホールから独立

OVHcloudは、2021年に悲惨な火災で2つの施設が焼失したストラスブールの敷地に、新しいデータセンターを開設しました。

新しい3000万ユーロ(約3050万円)のSBG5データセンターには、多くの最新データセンターに標準装備されている自動消火システムなどの機能が含まれていますが、2021年3月に炎上したSBG2施設にはなかったもようです。

最初の炎上から18カ月が経過した今も、OVHcloudは災害の原因に関する最終報告書を発表していません。顧客は、同社の火災への備えと補償が不十分であったとして、1000万ユーロ以上を求めて集団訴訟を起こしています。

OVHは事業拡大を計画

ヨーロッパ最大のクラウドプロバイダーとしてのOVHcloudの地位を反映し、要人が出席したこのイベントでは、火災に関する議論は一切行われなかったようです。講演者には、フランスのデジタル移行・通信担当大臣Bruno Le Maire氏、欧州委員会委員Thierry Breton氏が含まれていました。

OVHcloudは、2024年までにフランス、ドイツ、カナダ、インド、シンガポールに新たに15カ所のデータセンターを建設する計画を発表しました。

また、フランスではCold Archiveという新しいレジリエントストレージサービスを約束し、フランス全土に広がる、少なくとも200km離れた場所にある4つの冗長化されたミニデータセンターに基づいています。この施設には、IBMとAtempoが開発したテープベースの弾力性のあるアーカイブが置かれる予定です。コールドアーカイブは2022年11月に運用を開始する予定です。

SBG5は、OVHcloudが火災発生後に作成した「ハイパー・レジリエンス・プラン」に基づいています。1,700平方メートル(18,000平方フィート)の施設には、最大2時間の耐火性を備えた石造りの壁で仕切られた19の区画室が設置される予定です。

また、APSAD R13に準拠したガス消火装置とAPSAD R7に準拠したVESDA煙探知機を備えています。

また、7つのエネルギールームと3つのバッテリールームがあり、これらはすべて建物の外側にある輸送用コンテナ内に設置されます。

これらの設備はすべて、火災の報告書で言及された特定の問題に対応するものです。フランスの公的な火災調査機関であるBE-RIは、UPSバッテリールームから火災が発生したという以前の報告を確認し、電源システム付近の湿気が原因である可能性を示唆しました。

これに先立ち、地元のBas Rhin消防隊は、SBG2データセンターは地下の電源室の上に燃えやすい木の天井があり、「煙突」を使ったフリークーリング設計で空気の循環がよくなっているが、それが延焼を加速しているとの報告書を発表しました。また、消防士はデータセンターに自動消火装置がないことも指摘しています。

どちらの報告書にも、電源システムはどんな状況でも電力供給を維持できるように設計されており、火災発生から2時間後にも、燃え盛る建物に電力が供給され続けていたことが記されています。

OVHcloudは、火災が発生してから数日以内に、OVHcloudの創設者であるオクターブ・クラバが、火災の原因について速やかに発表すると約束したにもかかわらず、まだ何の声明も発表していません。データセンターの火災を研究するための研究所を設立するとの約束も果たされていません。

同社は2022年5月に突然、当初のオープンな姿勢を覆し、「2022年まで」火災の原因に関するいかなる声明も延期し、公式調査員の報告を待つ必要があるとしています。

OVHcloudの少なくとも150社の顧客は、同社の火災対策と、データを失いビジネスに支障をきたした被害者への補償の程度に不満を持ち、法律事務所Ziegler Associatesが主導する集団訴訟に参加し、少なくとも1000万ユーロの損害賠償を請求しています。

Bruno Le Maire氏とJean-Noël Barrot氏の共同声明では、米国や中国に拠点を置くサービスに頼らず、現地でクラウドをサポートしようとする欧州の取り組みにおけるOVHcloudの重要性が強調されています。「エネルギー消費の少ないこの新しいデータセンターの開設は、OVHcloudの発展にとって不可欠なステップとなります。同社は2017年以来、政府が構築を支援してきたフランスと欧州のデジタル主権の中心に位置づけられることになります。これは、フランスのクラウドエコシステムの弾力性と革新性を示し、フランスが自国のデータを完全に管理するために行った選択を強化するものです。」

OVHcloudのCEOであるMichel Paulinは次のように述べています。「SBG5の開設は、オープン、信頼、持続可能なクラウドという欧州の価値観を、世界中のお客様に支持させる、この産業戦略の強力なシンボルとなります。私たちの地元への定着と絶え間ない投資により、雇用分野での地位を強化し、新しいスキルを取り入れることができるのです。」

OVHcloudは新しいSBG5と同時に、将来的に障害が発生してもデータを失うことがないように、バックアップデータのスナップショット用の専用施設を別途設置する計画を発表しています。フランスにバックアップ施設を建設した後、このアイデアを他の拠点に展開する予定です。

OVHcloudのデータセンターは独自の水冷システムを採用しており、同社によると、新しいSBG5サイトは、これまでのOVHcloud施設のサイトよりも水の使用量が少なく、運用1kWhあたりの水の消費量はわずか200mlで、気候ニュートラルデータセンター協定の目標400mlよりも低い水使用効果(WUE)比率を実現しています。

また、電力使用効率は1.1~1.2程度となり、これも欧州の事業者が環境中立に向けて自発的に取り組んでいる「Pact」の目標値を下回る見込みです。

その他のデータセンターの発表としては、フランスのルーべにある旗艦キャンパスに10番目のデータセンター(RBX10)を建設することが決定しました。また、2023年前半にパリのアベイラビリティゾーンを設置し、2023年第3四半期にドイツのリンブルフにデータセンターを開設する予定です。OVHcloudは、ケベック州ボーハルノワのキャンパスに9つ目のデータセンター(BHS9)を増設し、2023年にはトロントに新たなデータセンターを開設する計画もあります。

また、2023年の年末までに、インドのムンバイに初のデータセンターを、2023年にはシンガポールに2つ目のデータセンターを建設する計画もあるそうです。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。