• 障害情報
  • 世界のデータセンター障害情報をいち早くお届け

OVHcloud SBG2の火災報告で、電源インバータ付近で水が検出されたことが判明

火災から1年以上経過し、事故報告書に火災発生直後からのCCTVが掲載される

2021年3月10日にストラスブールにあるOVHcloudのSBG2データセンターが全焼した悲惨な火災は、電源室のインバーター周りの湿気が原因だった可能性があると、フランスの事故調査機関BEA-RIが公表した事故報告書に記載されています。

fire

フランスの公的な事故調査機関BEA-RIによる報告書では、火災の決定的な原因は明らかにされていませんが、電源室から出火したことが確認され、出火の瞬間のCCTV画像も掲載されています。この報告書では現場の図面、火災発生の詳細、同様の事故を回避するための提言とともに、火災発生前の1時間に電源室のインバータの近くで高い湿度が観測されたという興味深い内容も明らかにされています。

OVHcloudは以前DCDに対し、公式発表のレポートが公開されるまで、火災の原因についてコメントすることはできない、と述べています。Bas Rhinの消防士は3月に報告書を発表し、BEA-RI.の報告書はOVHcloudの顧客を代表して1000万ユーロ以上の損害を請求する集団訴訟が提起された直後に、今週出てきたものです。

情報の垂れ流し?

BEA-RIのレポートには、3月10日午前12時35分に2つのエネルギールームで同時に発生したOVHcloudの火災の詳細な説明とともに、データセンターの運用と設計に関する多くの背景が記載されています。

警報が鳴った後、12時35分、警備員が1階の電源室2で濃い黒煙を素早く感知し、12時42分までに建物から避難しました。12時59分に第一応答者が現場に到着したが、01時30分までに建物の残り部分への延焼を防ぐことはできませんでした。

BEA-RIの報告書には、「OVHチームにより、01:13(SBG2について)と01:28(SBG3、SBG1、SBG4について)に建物の緊急エネルギーが切断される 」と書かれています。

ところが、そう簡単にはいきませんでした。Bas Rhinの消防士が先に報告したように、現場にはまだ電力がありました。BEA-RIのレポートによると、電力供給会社Strasbourg Électricité Réseaux (RES)が01:30に現場の電源を「上流の電源変電所で切断」しているとのことです。しかし、「02:14には、現在完全に炎上している建物2にはまだ電力が供給されており、建物1に向かって大きく伝播しているのが観察される」とあります。

Bas-Rhin の消防士によると、いくつかのシステムには、後日まで電流が流れていました。

BEA-RIのレポートによると、ディーゼル発電機は継続的な電力供給を維持するためだけに設置され、「火災が続いているにもかかわらず自動的に起動した」ため、OVHcloudは非常用発電機を無力化し、RESが電源を切ったときに起動しないようにしなければなりませんでした。

火災は午前6時45分にようやく鎮圧され、午前10時2分に鎮火し、消防士は約8時間後に現場を離れました。

ショートサーキット?

建物内部で BEA-RIによると、データセンターが通常運転中である12時35分ごろ、2つの電源室でほぼ同時に火災が発生したといいます。電源設備は定期的にメンテナンスされていましたが、電源室2のインバータは「バイパスモードに切り替わる問題が繰り返し発生」し、「原因不明」であったため、注意が必要だったとのことです。

インバーターのセンサーは、火災が発生する前の午後11時15分と午前12時30分頃に、異常な水分レベルを示しており、監視カメラの映像とUPS監視パネルの測定値で示されています。

「電気機器に液体や水分が存在すると、観察された損害を引き起こす可能性が高い内部短絡の形成の原因となります。しかし、これらの要素だけでは…故障の原因を決定することはできません。」と調査官は言い、彼らが「測定エラーまたは湿度ピークが、例えば液体の存在に関連していたかどうかを確立することができなかった」と指摘しています。

報告書では、「現段階では、UPSの故障の原因を特定することは不可能であり、異なる仮説(近くに液体や湿気があったこと、同日朝に実施されたメンテナンス作業と関連した故障、通常の動作範囲外でのインバータの動作など)で説明することができます。

ただし、最終的な判断は、「当該機器と同様の機器を調査することで、火災発生の原因に関する情報を提供することが可能になるはずです」と付け加えています。「BEA-RIは、進行中の専門知識の結論に基づいて、この報告書を完成させる可能性を現段階では否定していません。」

ただし、バッテリーは心配ないようです。報告書では、OVHcloudはリチウムイオンと比較して火災の危険性がない鉛蓄電池を使用しており、OVHcloudは製造者の推奨に従ってバッテリーのメンテナンスと交換を行っており、バッテリーは別の部屋に置かれていたことを指摘しています。

「OVHが使用したバッテリー技術(鉛バッテリー)は、リチウムソリューションよりも堅牢で安定した技術であることも留意しておきます。この種の技術での内部短絡は依然として稀です。」と報告されています。

火災の拡大

報告書によると、SBG2の全6階で火災探知機が非常に早く作動したとのことです。「火災発生から15分の間に、1階だけでなくSBG2ビルのすべての階で火災感知器が作動したことがわかります。上層階に設置された感知器の中には、火災発生から数分後に作動したものもあります」。

これは、サーバーを冷却するために空気の移動を促進するように設計された建物が、「外気に対する建物の大きな透過性を生み出し、その結果、火災の煙が迅速かつ難なく広がる 」ことを示すものです。

「ファサードの開口部によってその施設内の空気の循環を促進する選択に加えて、SBG2を建設するために選ばれた材料とファサードにオーバーランフロアがないことは、火災を制御し、それを消火するために必要な水資源を大量に投入するのに要する時間に関して、十分に火災進行を遅らせることができませんでした。」と述べました。

報告書では、この建物の木製の床は1時間火災を抑えることができると評価されており、また、自動消火装置がないことが確認されています。「OVHは、ストラスブールのデータセンターの5つの建物のいずれにも、自動火災防止装置を装備しないことを選択しました。」

BEA-RIが指摘するポジティブな点は、消火システムがないにもかかわらず、火災探知機が完全に作動し、迅速な避難を確保したことです。

誰の責任なのか?

OVHcloudは、法律事務所Ziegler & Associésが140人以上の顧客のために起こした集団訴訟にまだ対応していないため、この問題は宙に浮いたままです。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。