AAE-1ケーブル切断により、欧州、東アフリカ、中東、南アジアで広範囲に障害が発生

6月7日(火)にAsia-Africa-Europe-1(AAE-1)ケーブルが切断され、世界中で停電とネットワーク障害が発生しました。

25,000kmの海底ケーブルの問題はエジプトの陸上で発生したため、海底で断線した場合よりもはるかに早く修復することができました。ほとんどのサービスは4時間後に復旧しましたが、一部のプロバイダーでは遅延の問題が残りました。

通信事業者コンソーシアム所有のAAE-1は、香港を起点に、ベトナム、マレーシア、タイ、カンボジア、ミャンマー、インド、パキスタン、オマーン、UAE、カタール、イエメン、ジブチ、サウジアラビア、エジプト、ギリシャ、イタリアを経て、フランスで終端する西回りのケーブルです。

100Gbpsの伝送技術を持ち、最低設計容量は40Tbpsです。

この切断を受けて、Cloudflareのインターネットトレンド部門Cloudflare Radarは、エチオピア、ソマリア、タンザニアでトラフィックが低下していることを報告しました。ネットワーク監視会社のKentikは、パキスタン、ソマリア、ジブチ、サウジアラビアなど、東アフリカ、中東、南アジアで問題を確認しました。

不思議なことにCloudflareは、「パキスタン、モザンビーク、ケニア、ウガンダでも同時にトラフィックの低下が見られ、SeaMeWe5海底ケーブルにも影響がある問題が原因であると報告されている 」と述べています。

この2つのケーブルは独立しているはずです。

ケーブルの切断により、Cloudflare自身のシステムにも問題が発生しています。「完全な復旧は6時間以内に行われる見込みです。アジア太平洋、中東、アフリカの各地域のインターネットユーザーへの影響を軽減するよう取り組んでいます」と当時は述べています。

Google Cloudの方は、「ハイブリッド接続、仮想プライベートクラウド(VPC)、Google Cloud Networking、Cloud NATに影響を与えるインシデントが発生した 」とし、「中東のインターネットからGoogleへのパケットロスが観測された 」と報告しています。

OVHcloudは、「パートナーファイバーの切断 」がネットワークバックボーンの劣化を引き起こしたと述べています。

Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureは、何らかのネットワーク劣化に見舞われたようですが、公式コメントは発表していません。この切断と前後して、マイクロソフトのLinkedInのサービスが一時的にオフラインになりました。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。