タイのNational Telecomが2つの新しいデータセンターの承認を求める

1億4500万ドルの拡張計画の一部

タイの国営通信会社National Telecom (NT)は、1億4500万ドルの拡張計画の一環として、2つのデータセンター開発の承認を求めています。

データセンターに加え、AIやビッグデータプロジェクト、他のブロードバンド事業者へのラストマイルファイバーダクトのリース、政府機関へのデジタルサービスの提供、ブロードバンド販売拡大のためのパートナーシップなどが拡大計画に含まれています。

この2つのデータセンターは、NTが政府機関にクラウドサービスを提供するために開発されます。データセンターは、クロントーイとンガムウォングワンにある同社のオフィスに設置されると言われており、それぞれ0.6ヘクタールと11.25ヘクタールの敷地が用意されています。

NT によりますと、「4、5社」の海外企業が同社との提携に興味を示しているということです。

拡張計画は12月16日にState Enterprise Policy Committee (SEPC)に提出され承認されましたが、さらなる情報が必要となり、最終提出は1月22日にずれ込みました。

「この計画は、国営企業がデータセンターを多く利用する必要があるため、政府の経費節減につながるとして、SEPCの注目を集めています」とNTのマネージングディレクター、Sanphachai Huvanandanaは語りました。

NTは、バンラックとノンタブリにある既存のデータセンターが2年以内に容量不足に陥ると見込んでおり、これは2つの新拠点の建設にかかる見積もりと同じ期間です。また、政府機関にはクラウドへの移行をコスト効率の良い方法で提供します。

NTはデジタル経済社会省の支援を受け、クラウドサービス投資における特権について政府の承認を得ることで、外国企業がNTに投資し、パートナーや顧客となることを奨励しています。

NTは2021年に国営企業のCAT TelecomとTOT Public Company Limitedが合併して設立した企業です。DataCenterMapによると、CAT Telecom IDCはテレコムタワー敷地内の72 CATTelecom Bld. Fl.13 New Rd. Fl.13 New Rd. Bang Rak,10500 Bangkokにあります。ノンタブリーのデータセンターは、バン・クラソーにあるCATテレコム・キャンパス内にあります。

2021年12月、NTはデータセンタープロバイダーのスーパーナップと覚書(MoU)を締結し、NTが政府機関にクラウドサービスを提供するためにスーパーナップのコロケーション施設のスペースを借りることになりました。

NTはまた、2023年にインドのCtrlSとタイのチョンブリに新しいデータセンターキャンパスに関するMoUを締結しました。150MW のこのキャンパスはNTの多くのケーブル陸揚げ局に接続されます。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。