データセンターは、2025年までに更に30万人の人材を探す必要がある

【Uptime Institute調査】業界が過度な資格を要求していることで技術者不足問題を悪化させている

Uptime Institute Intelligenceの調査によると、世界のデータセンターの運営に必要なスタッフの数は、2025年までに約200万人から約230万人へと増加するが、業界が採用基準を高く設定しすぎて、潜在的な応募者の扉を閉ざしていると報告しています。

世界中のクラウド及びコロケーションデータセンターでは、一般に複数の業務を担うスタッフが必要とされますが、Uptimeが最近発行したレポートGlobal Data Center Staffing Forecast 2021-2025によると、業界内では「断絶」が起き、技術者不足が続いていると言われています。引用された数値は、データセンターにおける「安全な運用」のためだけのものであり、多くの事業者が引き続き「自動化」や「AI(人工知能)」でこの問題の解決を期待する一方、当レポートではそれでは機能しない、と警告しています。

資格要件が高すぎる可能性がある

「北米とヨーロッパでは誰もが人材不足の問題を理解していますが、断絶が起きている」Uptimeの調査責任者でこのレポートの筆頭著者であるRhonda Ascierto氏はこのように述べています。「事業者は最低要件を設定している、しかしスタッフに大学の学位、更には専門学校の資格でさえ必要ない。同等の経験はこれの代わりになる。セクターにおける最初の定量化可能な研究を行うことで、我々は、候補者に求める要件が必要以上に高いかもしれないという事実を雇用主に対し実際に強調できることを期待している」

業界は問題の一部が見えていない、とAscierto氏はDCDにこのように話しています。「潜在的な候補者に対し、就職チャンスを単に認識させるために、事業者や教育機関はもっと努力しなければならない。業界内でのその認識は非常に不足している。これは天文学的な速度で成長している。減速の兆候は見られず、しかし人は必要とされている。人々はこの業界があることを知らず、またそれをキャリアとは見なしていない」

調査対象企業の50%は、現在、募集職種の候補者を見つけるのに苦労していると回答しています。Uptimeは、実際の人数については公開していませんが、「主要地域でデータセンターを所有する企業約350社のインフラ部門や幹部との詳細なインタビュー」を実施し、そして「実際の数値」を導き出すために、世界中のデータセンター数や種類に関する独自の内部統計データと組み合わせた、とAscierto氏は述べています。「これは推測ではなく、十分な情報に基づいた情報です」

調査によると、エンタープライズデータセンターは統合が進んでいるため、必要なスタッフ数は少なくなってきているが、コロケーションの成長はそれを補う以上のものとなっていると言います。

業界内には、事業サポート、戦略、運用、エンジニアリング、ITハードウェア、ネットワーキングなどのドメインにグループ化される約230種の異なる職種が存在しています。今回の調査では、通信事業者などの近隣セクターや、エッジデータセンターなどの新規セクターは明示的に除外されています。

「現在、データセンター内業務の自動化に大きな関心が寄せられており、パンデミックに伴い、自動化への関心が急上昇した」と Ascierto氏は言います。ただし、これらの職務の多くは自動化できません。「これらは人間主導のプロセスです。自動化を強化しても、トラブルシューティングを行う人が必要になります。AIはトラブルシューティングできません。インシデントや停止が発生した場合は、人が必要です。問題を物理的に修正するためです」

Ascierto氏は、「教育は将来の労働力確保として重要である。しかし、グローバルなデータセンター教育が不足している」と言います。彼女は、学校や大学の教育への参入が奨励されるべきである、と主張しています。これは、人々を早期に捕まえるための良い方法だからです。「制度化された教育の真のメリットの1つは、早い段階で人材確保できることです」 現状、依然として高齢の男性スタッフが支配する現状に対し、制度への関与はまた、人材の多様性拡大の行き詰まりを打破する可能性があります。

[【参考記事】誰がデータセンターで働きたいのか?【特集】

しかし、公的機関はプログラムがあらゆるセクターに関与するものであることを証明するデータを必要としているため、大学をこれに参加させることは困難です。これが今回の調査を行った理由であると彼女は述べています。

「4年間の学位がなくてもこの分野で働き、本当に成功することはできる」とAscierto氏は言います。「企業は最低募集要件をじっくりと検討する必要があります。データセンターは、資格のある求職者を見つけることができないと言っていますが、「資格のある」という言葉を落としたらどうなるでしょうか?」

Data Center Dynamics

原文はこちら

※現在世界的にデータセンターの人材不足は加速しています。グローバル・データセンターの資格教育プログラム【DCPRO】は日本でも開講しており、新人教育や業界への新規参入に伴う社員への教育で人材不足の解消と共に業界内のスキルアップに貢献しています。日本国内の開講スケジュールはこちらからご確認ください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。