AMD、ザイリンクスを350億ドルで買収へ

AMDは、350億ドル相当の全株式取引によりザイリンクスの買収で合意しました。

この取引は両社の取締役会によって満場一致で承認されましたが、AMDおよびザイリンクスの株主による承認、規制当局の承認、およびその他の慣習的な完了条件が適用されます。 現時点で、取引は2021年末までに完了する予定となっています。

データセンターセクターをターゲットに

ザイリンクスは、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)で最もよく知られています。これは、特定のワークロードを高速化するためにユーザが現場でプログラム可能な論理ブロックで構成されています。このチップは、自動車、航空宇宙、軍事セクター、あるいは5G通信やデータセンターで人気が高いことが証明されています。その主要な競合であったアルテラは、2015年に167億ドルでIntelに買収されました。

「ザイリンクスの買収は、AMDを業界のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)のリーディング企業とし、世界最大かつ最も重要なテクノロジー企業に選ばれるパートナーとなるための次のステップである」と、AMDのプレジデント兼CEOのDr. Lisa Su氏は述べています。

‐ shutterstock

「これは本当に魅力的な組み合わせであり、AMDやザイリンクスの株主を含むすべての利害関係者に大きな価値をもたらし、合併による将来の成長や潜在的な可能性から恩恵を受けるだろう。ザイリンクスのチームは業界で最も強力なチームの1つであり、我々は彼らをAMDファミリーに迎え入れることに興奮している。ワールドクラスの弊社エンジニアリングチームと深い専門知識を組み合わせ、ハイパフォーマンスコンピューティングの未来を定義するビジョン、才能、規模を備えた業界トップ企業を作り上げていく」

ザイリンクスのプレジデント兼CEOのVictor Peng氏は、次のように述べています。「AMDファミリーの一員になることに興奮している。イノベーション、エクセレンス、コラボレーションといった我々共通の企業文化は、理想的な組み合わせとなる。我々は共にHPC、アダプティブコンピューティングの新時代をリードしていく。当社がリードするFPGA、アダプティブSoC、アクセラレータ、SmartNICソリューションは、クラウドからエッジ、そしてエンドデバイスに至るまでのイノベーションを実現する」

「AMDに加わることで、我々のデータセンタービジネスの成長は加速し、より多くの市場でより幅広い顧客基盤を求められるようになるだろう」

統合される事業には、約13,000人のエンジニアと27億ドルを超える年間のR&D投資が含まれます。

AMDはコンシューマ市場やデータセンター市場において、IntelからCPUシェアを奪い、市場シェアを着実に伸ばしています。2017年に第1世代のEpycサーバ向けCPUを発売して以来、同社はサーバ市場での成長を続け、今年6月には2桁の市場シェアを獲得しました。その同じ月に、Intelは製造上の問題により、7nmプロセッサの延期を余儀なくされました。

今年、競合のNvidiaも大規模な買収を発表しました。9月に、同社は、世界で最も人気のある命令セットアーキテクチャのライセンサーであるArmの買収に400億ドルを投じることを明らかにしました。

Data Center Dynamics

原文はこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください