Nvidia、Arm買収後に英国最大のスパコン構築を約束

Nvidiaは、400億ドルでのArm買収の発表を行った1か月後に、英国の Cambridgeで4,000万ポンド(5,200万ドル)のスーパーコンピュータを構築すると約束しました。

「 Cambridge-1 」と命名された新型スパコンは主にヘルスケア関連のAI研究に使用される、と同社はGTC2020コンファレンスにて発表しました。Armの買収承認は18か月もかかるとみられることから、保留中の当局の承認に先立ち、年末までには 「 Cambridge-1 」 が発表される見込みです。

CambridgeはArmの本社所在地であり、その名を冠した大学、そして重要な研究コミュニティが存在します。

現在はより一層のヘルスケア研究が必要

「世界で最も緊迫しているヘルスケア関連課題に取り組むには、AIの能力を活用するための大規模なコンピューティングリソースが必要だ」とCEOの Jensen Huang氏は述べています。

「Cambridge-1スーパーコンピュータは、英国のイノベーションハブと機能し、クリティカルヘルスケアや創薬分野で我が国の研究者らが行っている革新的な研究業務を促進する」

このシステムは、80ペタフロップスの「AI計算」または8ペタフロップスの標準Linpackパフォーマンスを誇るNvidia DGXA100システムを80基搭載します。もしこれが今日評価された場合、世界で最もパワフルなスパコンランキングであるTop500リストの29位に位置付けられ、最もエネルギー効率が高いマシンのランキングであるGreen500のトップ3に入ることができる性能です。

現在、英国で最もパワフルなスーパーコンピュータは、2014年に9,700万ポンド(1億2,600万ドル)をかけて構築され、イギリス気象庁が使用する7ペタフロップス(Linpack)のCray XC40です。今年初め、同庁は更にパワフルなシステムへの12億ポンド(15.6億米ドル)の投資を発表しましたが、作業は2022年までは開始されず、2028年にアップグレードが行われると見られています。

Nvidiaは製薬会社のGSK及びアストラゼネカ、医療機関のGuy’s and St Thomas’ NHS (National Health Service)  Foundation Trust 、教育機関のKing’s College London及びOxford Nanoporeなどの研究機関らにこの新型スーパーコンピュータを提供すると発表しました。

このスーパーコンピュータは商業的な取り組みではないが、米国企業であるNvidiaが英国への投資をするか?の懸念が生じている中、英国当局からArm買収の承認を得るのを後押しするだろう、とNvidiaは述べています。また、スーパーコンピュータは医療研究者らに対し、ヘルスケア・アプリケーション・フレームワークのClaraを含むNvidiaプラットフォームの利用を保証し、スーパーコンピュータを構成するNvidia SuperPODのマーケティングツールとして機能します。

「Nvidiaのこの新型スーパーコンピュータは、英国で最も優秀で聡明な研究者らの命を救う研究を支援する」と英国の厚生大臣Matt Hancock氏は述べています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください