データセンター事業社Global Switch売却交渉が暗礁に

未公開株式投資会社 (プライベートエクイティ:PE)企業がデータセンター企業のGlobal Switch(SWITCH)買収の入札を提出してから約半年が経過し、話し合いが停止しているようです。

関係者の話を引用したBloombergの報道によると、融資条件の引き締めと予想より低い入札額が、売却交渉が行き詰まった主な理由だといわれています。Global Switchの中国のオーナーと入札希望者との間の取引交渉は、売り手が最初に求めた100億ドルとの大きな価値差を埋めることができないため、前進していないと、関係者は述べています。

一部の入札者は議論から手を引いていないものの、資金調達へのアクセスや評価額の見積もりが異なることが、いかなる取引においても重要なハードルとして残っていると、この問題は非公開であるため特定しないようにと関係者は述べています。1998年に設立されたGlobal Switchは、ヨーロッパとアジア太平洋地域に13のデータセンターを所有・運営しており、その総面積は約428,000平方メートルです(同社WEBサイトより)。

EQT ABやKKR & Co.を含む 未公開株式投資会社 は、データセンター企業のGlobal Switch買収の候補リストに名を連ねていました。Bloombergの報道を引用したトレーダーによると、Gaw Capital、PAG、Stonepeak Partnersも、Global Switchの次の入札に参加することが決定したとのことです。一部の入札者は、チームを組んでオファーを出す可能性を検討していました。

今回の交渉の遅れは、江蘇沙鋼集団有限公司や Avic Trust Co. などの所有者による、同社を売却するための長期にわたる試みに、また新たな展開があったことを意味します。江蘇沙鋼集団はここ数年、新規株式公開、株式売却、事業の完全売却など、さまざまな取引の可能性を探ってきました。

最終的な決定はされておらず、今後数ヶ月の間に交渉が加速する可能性があるという。Global Switchと江蘇沙鋼の代表者はコメントを拒否し、 Avic Trust はコメントの要請にすぐには応じていません。

Bloombergは、エクイニクスとバイアウト企業のKKRおよびBlackstone(BX)が、データセンター運営会社のグGlobal Switchへの入札を検討している買い手と言われていると最初に報じました。また、5月にはBloombergが、Global Switchの中国オーナーがデータセンター事業者の売却プロセスを開始する構えを見せていると報じています。

昨年、KKRとGlobal Infrastructure Partnersはデータセンター企業の CyrusOne を150億ドルで買収し、American Tower(AMT)は約101億ドルの取引でCoreSiteを買収しています。



W.Media (Venkatesh Ganesh 記者)より抄訳・転載



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。