• エッジ/IoT
  • 加速するエッジコンピューティングの最新動向

Pony.ai が Digital Realty を提訴「強要された」代金返還要求

キャンセルされたスペースの支払いがなければサーバーの電源を切ると脅したと主張

中国の自動運転テクノロジー企業Pony.aiは、請求に関する紛争でDigital Realty (DRT) を訴えており、以前にキャンセルしたスペースの代金を「強要されて」支払うよう強制されたとしています。

Law.comが最初に報じたこの訴訟では、 Pony.aiがキャンセルした注文の代金を コロケーション大手であるDRTが 請求し続け、代金が支払われないとサーバーを停止させると脅した、と主張しています。

Pony.ai, Inc. v. Digital Realty Trust Inc et alという出願書類の中で、Pony.aiは2019年後半にサンタクララの施設の1つでDigital Realtyとスペース、電力、機器の追加のサービスオーダーを締結し、2020年4月1日から段階的に納品する予定であったといいます。

Covid発生時、同社はPony.aiのコンピューティング能力と運用の大規模な拡張が「パンデミックによって挫折した」とし、2020年初頭にはスペースとリースした電力や機器が不要になることが明らかになったとしています。

DRTは追加注文を取り消し、2020年後半または2021年前半に小規模なサービス注文を出したいと伝え、Pony.aiの代表者に、この要求は処理され、承認され、優先サービス注文が出されると「繰り返し確約」したと報告されました。

しかし、 Pony.ai はその代わりに、DRTがキャンセルされたスペースとサービスの請求を開始し、削除されるはずの遅延料金が追加された請求書が膨らんだことについて繰り返し問い合わせたにもかかわらず、「請求の問題をかわし続け」、回答しなかったと主張しています。

Pony.aiは2020年10月にこれらの不適切な請求について正式な紛争通知を送りましたが、DRTはこれを無視し、2021年に開始する小規模拡張のためにPony.aiに上乗せサービス命令をようやく提供したのは、2020年12月になってからだったと伝えられています。

継続的な話し合いと未解決の請求問題は解決されるとの確約にもかかわらず、両社間の問題は継続しました。

「Pony.ai が係争額の支払いを拒否し、さらに問題を解決しようとしたところ、DRTは核武装し、係争額すべてが非常に短いスケジュールで支払われなければ Pony.ai のサーバーを停止すると脅迫し、思い切った手段に出ました」と、訴訟では述べています。「事業と業務への回復不能な損害を避け、同社の自動運転車事業の停止を避けるため、Pony.aiは強要され、抗議のもと、すべての権利を留保して金額を支払わざるを得ませんでした。」

Pony.ai はその後、2022 年初めに「Digital Realty が信頼できるビジネスパートナーとは思えなくなった」として基本契約を終了したと付け加えていますが、Digital Realty は「今日に至るまで」取り消され優先されたサービス注文に基づいて支払うべきと主張する料金について同社に請求し続けています。

同社は、「他の損害に加えて、以前に支払われた金額の回収と、これ以上DRTに支払うべき金額がないことの宣言」を求めています。Pony.ai は Moya 法律事務所が代理人を務めています。

DCD は両社に本件のコメントを求めています。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。