• エッジ/IoT
  • 加速するエッジコンピューティングの最新動向
RAILTEL

インド最大の中立的テレコムインフラが5Gにどう備えるか

5Gの登場は、エッジが(クラウドや中央データセンターと比較して)主要な存在となり、エッジが新しいユースケースをもたらすため、完全にゲームチェンジャーとなる可能性を秘めています。

「RailTelでは、約6000以上の駅を結ぶ最大級の公衆無線LANネットワークを構築しており、旅行者や親戚を見送るために駅に来る人たちに利用されています。」

wifi

実際、大学の近くにある他の駅では、学生が来てそこに座ってインターネットを利用しているのを見かけます。当初は無料でしたが、現在は最初の30分後に課金されるようになりました」と、IRISET鉄道省ITディレクターのChandra Kishore Prasad氏は、W.Mediaのイベント南アジアデジタルウィーク2022 India Edition South Asia Digital Weekで「エッジデータセンター – 精度を高めるためのエッジへのプッシュ」と題したパネルディスカッションで述べています。

さらにその背景には多くの物語があり、ケーララ州からでも、あるポーターがインドのコチでこのサービスを利用し、PSEの試験をクリアしたことを指摘しました。COVIDの期間中、インターネットのトラフィックが80%から82%の範囲で増加していることが確認されました。

トラフィックは短時間のビデオのものでした。そのため、短い動画のトラフィックは、他の多くのアプリケーションを含むTiktokのように、より高速で優れたユーザー体験を必要とし、エッジに移動してエッジで検索することが必要です。そのため、彼のチームはユーザーがインターネット・サービスを利用することで良い体験ができるよう、エッジの容量を増やす必要がありました。

「同時に、我々はワークショップのための産業用IoTを開始し、我々はコンピュータ数値制御(CNC)機や他のデバイスが配置されている、操作チームとそれが使用されている何時間アイドル時間が何であるかを管理するための資本コストの重い、例えば、電力を節約するために機器のような節約、または基本的にはまた、基本的に予防保全を行うために機器の健康を回復し、何時間それを交換するのに必要か確認します。これは複数の関係者にとって有効です。データの力を科学的に利用することで、予定された保守を行うのではなく、システムの保守を行うことができるのです。つまり、時々介入するのではなく、状態に応じてメンテナンスを行うことができるのです」とPrasad氏は付け加えました。

アプリケーションに低遅延が要求される場合、IoTの多くのアプリケーションのユースケースは低遅延を必要とし、5Gが登場すればサブミリ秒の遅延が発生すると先に説明したとおりです。また、エッジデータセンターは重要なワークロードのためのものであり、時間帯やピークに応じてエッジに移動ができます。

「エッジデータセンターの規模は今後さらに拡大し、さまざまなサイズのエッジデータセンターが登場することでしょう。1ラックから10ラック、あるいは5ラックのデータセンターが再登場し、それらを統合して地域のデータセンターに接続し、データを処理する必要があります」と Prasad 氏は説明します。

今年初め、RailTel社は、パートナー企業と共同で、インドの特にTier-2およびTier-3の町の102か所の鉄道敷地内/土地に、いくつかの「エッジデータセンター」を設立すると発表しました。

この動きは、デジタルトランスフォーメーションのペースを加速させ、地方や半農村地域における効率的なデジタル配信を実現するものです。エッジデータセンターの主な利点は、最小限の遅延でサービスを迅速に提供できることです。この活動には、PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)モデルのもと、およそ5億ルピー以上の投資機会が含まれます。

2021年、RailTelとCSC e-Governance Services India Ltdは、デジタルデバイド解消のため、互いの強みを生かして農村部や半都市部でのブロードバンド普及を目指すMOUを締結しています。

W.Media ( Anuradha Nagar )より抄訳・転載

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。