DBS Group ResearchがKeppel の目標株価を引き下げコールの買いを維持

6月3日、DBS Group Researchは、シンガポールの Keppel’s DC Reit’s (KDC REIT) の目標株価を2.40シンガポールドルに引き下げました。

これは、光熱費と金利の上昇を調整するため、リサーチチームが KDC REITの収益予想を引き下げたことによるものです。

しかしDBSは、このデータセンターに特化した不動産投資信託(REIT)であるKeppelに対するコール買いを継続しました。

また KDC REIT の目標株価は引き下げられたものの、新しい目標株価では、今後3年間の目標利回りを4.2%から4.5%の間で見積もっています。

DXC Technologyの一部デフォルトが要因

DXC Technologyの KDC REIT に対する一部デフォルトは、同社の目標株価にも影響を与えています。DXC Technology は、KDC REITのデータセンターの1つであるKeppel DC Singapore 1のテナントでしたが、データセンターでのコロケーションサービスの使用料についてKeppel DCへの支払いが滞ったとされています。DXC Technology は現在、支払い義務について争っています。

DBSは、KDC REITがDXCに対して賃貸料の一部不払いを理由に訴訟を起こし、約1480万SGDが争われたことによる収益の一部損失が発生すると推定しています。この訴訟の結果、DBS Group Researchは、今後3年間で年間370万SGDの損失が発生すると見込んでいます。

データセンターは依然としてデジタル世界の「石油」

DBSは、KDC REITの短期的な収益は運営コストの上昇に影響される可能性が高いと予想しています。しかしKDCの借入金の約76%は固定金利でヘッジされているため、REITの金利は過度の変動から保護されています。

一方の短期的な収益は、通常2年先までの外貨建て収益をヘッジしているため、為替変動から保護されていますが、中期的な収益(2023年決算)は為替変動の影響を受ける可能性が高いと考えられます。

しかし、DBSは目標株価の修正は投資家に「魅力的な価格で成長を買う」機会を提供するとの見解を示しました。DBSの株式調査アナリスト、デール・ライは、「我々は、データセンターがCovid-19以降のデジタル世界の『石油』であり続け、需要が供給を上回り、それが経営指標の改善とともに継続的にタイトな取引市場に変換されると引き続き確信しています」と述べています。

このような潜在的な後退にもかかわらず、KDC REITは、データセンターの所有者と運営者のスポンサーを通じて、投資家に優れた成長を提供できるため、DBSの価値基準において好ましい存在であることに変わりはありません。

最終的に、KDC REITは強力な後援者から支援を受けており、市場での魅力と地位を高めています。例えば、Keppel Capital Holdings Pte. Ltd.があります。同社はKeppel Data Centre Fund IIの投資家としてアジアインフラ投資銀行を確保し、総額11億米ドルのコミットメントで取引を完了しました。

KDC REIT単体でも、海外での投資や買収を積極的に行っています。広東省江門市では、広東のGuangdong Bluesea Data Development Co. Ltd.と契約を締結しています。またその親会社であるGuangdong Bluesea Mobile Development Co. Ltd.と、広東データセンターを6億3590万人民元で取得する契約を締結しています。

W.Media ( Lois )より抄訳・転載

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Banner-for-DC-Asia-editorial-collaboration-1024x311.png

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。