Mapletree、バンクオブアメリカのバージニア州データセンターを2億800万ドルで買収

シンガポールの投資会社Mapletree Industrial Trustは、米国バージニア州リッチモンド郊外にあるバンクオブアメリカ(BOA)のヘンライコデータセンターを2億800万ドルで買収しました。

リッチモンド北側のHenrico, 8011 Villa Park Driveに位置する46エーカーのキャンパスは、オフィス棟と独立したデータセンターなど、合計730,000平方フィート(67,800平方メートル)のそれぞれ相互接続された5棟の施設で構成されています。キャンパス内の施設は1985年から2008年の間に建設されました。

【関連記事】データセンターREITとは?

以前の地主は健全な利益を上げていた

サイトの以前の所有者であるLongships Capital、Homeward Angel、Prudent Richmondは、2017年にThalhimer’s Capital Markets Groupから3800万ドルでこの不動産を購入しました。

2017年の売却の時点で、バンクオブアメリカは2022年まで施設をリースする予定でしたが、Homeward Angelの投資家兼マネージャーであるZell Kravinsky氏は、銀行のリースは少なくとも2027年6月まで続くと述べています。バンクオブアメリカのスポークスマンが Richmond BizSenseに確認したところによると、そのリースとオプションは新しい地主の下に残っているとの事です。

Mapletreeは昨年、バージニア州のデータセンターの購入を検討していると述べていましたが、この取引がそれと同じものなのかどうかについては不明です。 同社はまた、Mapletree Redwood Data Center Trust(MRDCT)部門を通じて、米国内に14棟データセンターを所有しています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。