Zoomが全世界で停止

Zoomが、8月24日月曜日に全世界で停止しました。

米国時間の早朝(12.42 BST、07:42 EST)から、特に米国と英国でのログインと会議への参加が困難であるとのユーザからの報告が相次ぎました。Down Detector上では、問題が約3時間後も続いたことを示しています。英国時間の16:30頃、Zoomは復旧作業を行っており、「依然として影響を受けているユーザの復旧を継続している」と報告しました。

ズームアウト

「ユーザからZoomミーティングやウェビナーの開始や参加ができないという報告を受けました。現在原因を調査中であり、追って最新情報を提供します。ご不便をおかけして申し訳ございません。status.zoom.usを参照してください」と同社はユーザに向けてツイートを繰り返しました。

新型コロナのパンデミックに伴う在宅勤務への移行に伴い、Zoomはかつてないほど利用数が増えていますが、5月にも障害を起こしています。

Zoomシステムの多くは現在AWS上で実行されていますが、今回の障害との関係を示すものは何も確認できていません。Zoomも原因など詳細については明らかにしていません。

Data Center Dynamics

原文はこちら