• Covid-19
  • 新型コロナ関連特設ページ

新型コロナはデータセンタービジネスをどのように変えたか【特集】

データセンター業界は上手く適応し、そして多くはコロナ禍の中、成長した

「私の過去の経験の中で、サプライ品洗浄用品のサプライチェーンが業務に絶対的に重要になるとは考えたこともなかった」 Digital Realtyのプロキュアメント部門責任者であるBrent Shinall氏は、7月のに開催したDCDオンラインイベントの基調講演で、Covid-19パンデミックが同社や データセンター 業界にもたらした変化について説明しました。

その変化はどれくらい大きかったのでしょうか?

Covid-19パンデミックは、私たちの価値観の多くを変えました。清掃業者やデリバリースタッフはマネージャーよりも重要になりました。ミーティングは危険になりました。移動や出張は私たちが避けようとするリスクです。そして、デジタルインフラもその一部です。

オンライン生活の実現

データセンターはデジタルコマースやオンライン会議を可能にし、デジタルインフラはかつてないほど重要度を増しています。これは、データセンターの世界に達成感をもたらし、デジタルビジネスの成長は担保されました。

しかし、ロックダウンは世界経済を衰退させました。データセンターはエコシステムの一部であり、サービス料金を支払う顧客をサポートしています。例えば、エンターテインメント産業や接客産業など、一部の業界は他業界よりも大きな打撃を受けており、一部のデータセンターはその影響を受けるでしょう。

一部の企業は、支払いに問題が生じる可能性のある顧客への対応の準備をしていると報告しています。テナントがオンラインサービスのロックダウンで活況を呈しているとしても、長期的な問題が発生する可能性があります。Zoomは利益を上げていますが、顧客単位では、損失を計上している企業もいます。

また、データセンター集約などのエンタープライズ系の活動が保留されているといった声もあります。サーバの物理的な移動、ビルの閉鎖、新たなスペースの開放については、新型コロナの状況下では非常に複雑となっています。

企業合併や買収はデータセンターの建設とともに進行していますが、その多くはロックダウン以前に進められていたものであり、明らかに物理的活動が困難な状況下ではデューデリジェンスのプロセスが遅れる可能性があります。

これらの複雑な要素を考えると、データセンターや業界内の企業が、サービスの維持や、スタッフの雇用維持で政府のサポートを与えられたのは当然のことです。

重要なスタッフ

それらのスタッフは確かに献身的であり、事業者は伝えるべきストーリーを持っています。DataGrydの最高経営責任者であるトム・ブラウン氏は、感染者が多いニューヨーク市の道徳意識は高いと述べています。「私自身、健康上の問題がないことは感謝している。また、全ての従業員と請負業者の健康維持を願っている」

Stack Infrastructureは、約100名の技術スタッフを擁する複数の ハイパースケールデータセンター を運営しています。最高責任者のマイク・ケイシー氏は、スタッフはエッセンシャルワーカーであり、「 Stackチームの全員は他の誰よりもはるかに重要」と語っています。

幸いなことに、データセンターは労働形態を適応させることができました。DataGrydは独自の「ミニロックダウン(3月13日~)」を導入し、オンサイトのスタッフを減らし、リモートで実行できない作業のみ顧客やサイトスタッフに入館許可を与えました。「エンジニアはより長い軽負荷シフト、あるいはより多くのローテーションをこなしている」

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。