Googleがイスラエルにデータセンターを建設へ

Googleは、Google Cloud Platformの開設に向けてイスラエルに データセンター の建設を計画していると報じられています。

イスラエルの出版社Haaretzは、GoogleはイスラエルGCP リージョン の開設に向けて、イスラエルの多くの事業者との交渉を進めており、既にそのうちの1社と契約を結んだ可能性があるとしています。

Oracleが最初

– shutterstock

Haaretzの報道によると、データセンターの場所や規模に関する詳細は明らかにされていないが、その費用は「数億ドル規模」に上る可能性があるということだけが伝えられています。尚、Googleはこの件に関して何も発表していません。

Googleは、イスラエルとその周辺で、別の大規模プロジェクトを進めています。同社は、イスラエルを経由してインドとイタリアを結ぶ 海底ケーブル システム「Blue Raman」の開発に取り組んでいます。

ちなみにOracleも最近、イスラエルのエルサレムにクラウドリージョンを開設し、AmazonMicrosoftも年内にAWS、Azureリージョンを開設する予定です。

イスラエル政府はNimbus Projectと名付けられた大規模なクラウド化計画を進めており、政府の情報やアプリケーションをホスティングし提供する目的で、クラウドインフラやサービスの大規模調達が行われる予定となっています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。