Kansas City

Google ミズーリ州カンザスシティに10億ドルのデータセンター建設へ

Evergyと協力し、送電網に400MWのカーボンフリーエネルギーを追加

Googleがミズーリ州カンザスシティに10億ドルのデータセンターを開発中です。

このデータセンターはHunt Midwest Business Centerに設置されます。

同社はまず2019年にカンザスシティのノースランドに78.9エーカーの土地を購入し、続いて2021年12月にさらに236.4エーカーの土地を購入しましたが、当時は 「データセンターの候補地」としていました。プロジェクトの動きは2023年9月に始まり、Googleは計画申請を行いました。

10月Googleは、このデータセンターキャンパスが4つのフェーズにわたって開発され、合計143万5,000平方フィート(1億3,316平方メートル)の床面積を持ついくつかの付属ビルを特徴とすることを明らかにしました。

クラウドサプライチェーン&オペレーション担当グローバルバイスプレジデントのMonique Picouによると、データセンターなどの技術インフラへの継続的な投資は、同社のAIイノベーションとビジネス成長を支える「バックボーン」だといいます。

Mike Parson知事は、「Googleがカンザスシティを選んだことは、世界トップクラスの企業を誘致しサポートする州の能力を示すもうひとつの例です。ミズーリ州の熟練した労働力、優れたインフラ、優れたビジネス環境は、一流企業の投資につながり続けています。Googleのミズーリ州への進出を歓迎し、ミズーリ州の成長するハイテク部門への好影響を期待しています。」

この施設の電力は、Evergy、Ranger Power、DESRIとの電力購入契約によって供給され、ミズーリ州を拠点とするBeavertail Solar Farm(旧石炭集落に建設された太陽光発電所)から400MWのカーボンフリーエネルギー容量が追加されます。

GoogleはSkilled Trades and Readiness (STAR)プログラムをカンザスシティに導入し、初級職のパイプライン、特に雇用の少ないコミュニティの雇用を増やすことを約束しました。

カンザスシティは、同社が運営する光ファイバーによるブロードバンドインターネットおよびIPTVサービス「Google Fiber」を世界で初めて導入した都市です。

この地域には550万マイルの光ファイバーが敷設され、Netsmart Technologies、MasterCard International、T-Mobileを含む19のデータセンターがあり、米国で最も接続された地域となっています。

また、ノースランド地域では、Metaがゴールデン・プレインズ・パークにデータセンターを開発しています。Facebookの親会社であるMetaは、100万平方フィート(9万2900平方メートル)のデータセンター開発に8億ドル以上を費やすことを約束しました。そのキャンパスはDiode Venturesによって開発されています。Diodeは、カンザスシティのノースランドにあるロッキー・ブランチ・クリーク・テクノロジー・パークと呼ばれる別の土地も開発しようとしており、最大27万kWの容量を持ちます。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。