Ooredoo、オマーンで3つのデータセンターを着工

バルカ、サララ、ソハールに建設、前2者は2Africaケーブルの陸揚げ局を設置予定

カタールの通信会社Ooredooは、オマーンにさらに3つのデータセンターを建設する予定です。

「Ooredooは、世界最高水準のクラウドストレージ、データ復旧、サイバーセキュリティサービスを提供し、各地域の地元企業やコミュニティを支援するため、バルカ、サララ、ソハールの3カ所で新たに最先端のデータセンターの建設を開始した 」と同社は今週発表しています。

CEOのNoor Al SulaitiとCTIOのAhmed Abdullah Al Abriがサララで行われた礎石敷設のセレモニーに出席しました。Ahmed博士は次のように述べています。「当社の最新鋭のデータセンターは、オマーンのビジョン2040の目標達成に向けた当社の前進を示すものです。各拠点は、急速に成長するデジタル対応社会の要件と、ホスティングおよびデジタルデータ処理の需要に応えるために必要な近代的インフラの礎を形成しています。」

バーカは首都マスカットのすぐ西に、ソハールはUAEとの国境に近い海岸沿いのさらに西に、サララはイエメンとの国境に近い南海岸に位置しています。サララとバルカには、今後予定されている中東向け2Africaケーブルの陸揚げ拠点が置かれる予定です。

Ooredooオマーンは2021年3月、マスカットの南、バウシャールに7,000平方メートル(75,300平方フィート)の新しいデータセンターを開設しました。

2.5MW、3階建てのこのデータセンターは、完全に隔離された2つのデータルームに300のプレインストールラックスペースがあり、1つはOoredoo向け、もう1つは子会社のdata2cloud向けに設計されています。Ooredooは、カタール、インドネシア、オマーンのデータセンターからホスティングサービスを提供しています。

Meta/Facebookが主導する2Africaケーブルは、4月にイタリアのジェノバにあるエクイニクスのGN1に初めて陸揚げされました。同ケーブルは最近、ソマリランドのベルベラ(Somcable社)とジブチのジブチシティ(Djibouti Telecom社経由)に陸揚げされています。さらに、セネガル(Sonatel経由)への上陸も発表されています。

アフリカ大陸を一周する全長45,000kmの海底ケーブルは世界最長で、3大陸を結ぶことになります。アフリカ、アジア、ヨーロッパの3大陸と33カ国を46の陸揚げ地点で結びます。2023年・2024年に開通予定です。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。