アリババが低炭素特許を公開、2030年までにクリーンエネルギーを使用することを約束

アリババグループは、低炭素特許誓約(LCPP)に参加し、エネルギー効率化特許の共有を約束するとともに、2030年までにデータセンターをクリーンエネルギーで稼働させる計画を発表しました。

アリババは、HPE、マイクロソフト、Facebook(Meta)などがすでに署名している国際協定「低炭素特許誓約(LCPP)」に基づき、データセンターの効率化特許9件を無償で提供する予定です。一方、アリババクラウドは、中国の5つのハイパースケールデータセンターのアップグレードにより、クリーンエネルギーへの移行を開始する予定です。

LCPPは、2021年4月22日(アースデイ)にHPE、マイクロソフト、Facebookが発足し、その後JPMorgan ChaseとMicro Focusが加わりました。この誓約は、署名者に低炭素技術に関連する重要な特許を共有することを求めています。

アリババが提示した9件の特許には、2015年からアリババクラウドのデータセンターに導入されている、非機械的な「液浸サーバー」冷却システムが含まれており、アリババは従来の機械的冷却と比較して70%以上のエネルギーを節約できるとしています。

アリババグループ副社長でアリババ・サステナビリティ・ステアリング委員会委員長のチェン・ロン博士は、「私たちは、技術革新が将来の低炭素循環型経済への移行における重要な推進力であると確信しています」と述べています。オープンなコラボレーション、共同イノベーション、相互インスピレーションを通じて、社会と環境のために持続可能で包括的な未来を築くための集団的アプローチを奨励する方法として、私たちはこの誓約に参加することをうれしく思っています。」

特許誓約書の学術的な専門家であるユタ大学のホルヘ・コントレラス教授は、次のようにコメントしています。「これらの企業が加わったことで、低炭素特許誓約書は強化され、産業のあらゆる部門が低炭素エネルギー源への移行を加速する取り組みに貢献できるという現実を反映しています。」

アリババのグリーンエネルギーへのシフトについて アリババ・クラウド・インフラストラクチャーのインターネットデータセンター部門のゼネラルマネージャーであるシャンユアン・ガオは、次のように述べています。「環境に配慮したデータセンターは、アリババの持続可能な事業運営に不可欠です。」

彼は、アリババの超大規模施設で使用されているグリーンテクノロジーは、「二酸化炭素排出量の削減にかなりの違いをもたらす」と述べ、液体冷却、再生可能電力、エネルギー貯蔵について言及し、次のように付け加えました。「例えば、杭州のデータセンターでは、サーバークラスタを専用の液体冷却剤に浸して、ITハードウェアを素早く冷却しています」。

アリババ・クラウド の 張北 データセンターも液浸冷却を採用しており、ヒートポンプ技術を採用した中国初の施設です。

アリババ・クラウド は今回の発表で、液冷が中国全土、そして他の国でも新しい標準になると予測しています。

クリーンエネルギーへの取り組みとして、アリババは炭素管理ツール、揚水発電、エネルギー取引制度を利用し、風力や太陽光といった「気まぐれな」再生可能エネルギーに基づく安定したエネルギー供給を実現することを目指しています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。