Facebook、米ジョージア州ニュートンのDCキャンパスを拡張

3施設で総額10億ドル

Facebookは、米ジョージア州ニュートンデータセンターキャンパスに10億ドルを投じ、14万平米( 150万平方フィート )の敷地を拡張し、更に3棟のデータセンターの建設を計画しているようです。

データセンター は約200名の雇用を創出すると期待されています。

メイド・イン・ジョージア

Facebookは、2018年に7億5,000万ドルを投入し、アトランタ市郊外のニュートンデータセンターキャンパスを着工しました。当時、同社は2029年までに更に25億ドルをサイトに投資すると述べていました。

同じく2018年、同社は施設を稼働させるために太陽光エネルギープロバイダー2社と契約し、その後2019年の別の太陽光エネルギー契約を経て、今年開設が予定されています。

他のサイトも含め、キャンパスの新施設を稼働させるために、Facebookは新たに6つの太陽光エネルギープロジェクトで、合計435MWのエネルギー供給を実現したと述べています。「今回、これらの新しい 再生可能エネルギー プロジェクトは2,500名以上の建設雇用を創出する」と同社は述べています。

Facebookは今年、100%再生可能エネルギー( PPA 経由)によるデータセンター稼働を実現する予定です、そして2030年までにネットゼロ・エミッションサプライチェーンの構築を目指しています。

Data Center Dynamics

原文はこちら