Googleが12か月で1.5GWのクリーンエネルギーを調達

Googleは、過去12か月間で1.5GW以上の電力購入契約(PPA)を締結しました。

同社によると、この数字はLevelTen Energyと共同で開発した新しいPPA調達プロセスによって購入されたもので、現在はエネルギーブローカーを通じて公開されています。

2023年3月、GoogleはLevelTenと共同で、PPA締結に必要な時間を短縮する新しい提案依頼書(RFP)システムを開発したことを発表しました。

同社は最近のブログ投稿の中で、この新しいアプローチを市場に導入してから1年以内に、北米とヨーロッパで1.5GW以上のクリーンエネルギー容量のPPAを締結したと述べています

GoogleとLevelTenが開発したフレームワーク(LevelTen Energy Accelerated Process [LEAP])は、現在他の企業も利用できます。LevelTenによると、LEAPは従来のRFPとPPAの交渉プロセスを、通常12か月以上かかるところを約100日に短縮したとのことです。

Googleのデータセンター・エネルギーのグローバル責任者であるAmanda Peterson Corioは 、「LEAPは、すべてのデータセンターを常時カーボンフリーのエネルギーで稼働させるという2030年の全社的な目標の推進に役立っています」と述べました。さらに、「クリーンエネルギー業界において、よりスマートで効率的なビジネス方法を開発するというビジョンをLevelTenと共有し、その通りに実現してきました。このアプローチはすでに国内外の市場で成功を収めており、近々その範囲を拡大することを楽しみにしています」と付け加えています。

その一環として、GoogleはCubico Sustainable Investmentsと100MWの太陽光発電PPAを締結したことを発表しました。この電力は、アイオワ州カウンシルブラッフスにあるGoogleのデータセンターキャンパスに対して供給されます。

同社は次のように述べています。「LevelTenと市場からのフィードバックで開発されたリスクバランスの取れたPPAテンプレートを活用し、Cubicoと共通の契約条項ですぐに合意しました。LevelTenのクリックスルーUIは、プロジェクト固有の条件を最終化するのに役立ち、数か月ではなく数週間で最終合意に達しました。」

以前発表されたオランダのEDPRのKronos SolarとのPPAも迅速なプロセスでした。Googleによると、RFPを終了してから数日以内にプロジェクト選定に移り、2週間以内に署名可能なPPAを締結したとのことです。RFPの開始から契約締結まで、合計でわずか82日しか経過していません。

 LevelTen は次のように述べています。「LevelTenとGoogleは、北米と欧州の両方で複数の LEAP 調達を共同で実施・完了してきました。我々は、最も厳しい非流動性市場の一つであるオランダを含め、多国籍・小規模デベロッパー、オーナー・オペレーターと LEAP を通じた PPA を締結してきました。今後Googleは、特に従来のPPAの組成が比較的容易な卸売市場において、LEAPを通じた取引を大規模に行う計画です。」

また、LevelTen Energyの取引担当SVPであるRob Collierは、「この業界で取引を行う上で、時間が命取りであることを我々は理解しています。「再生可能エネルギー取引は迅速に拡大する必要があり、これ以上待つことはできません。PPAが成立するのに1年もかかる理由はありません」と述べています。

Googleは 2023年に、オランダのEDPR、ベルギーのLuminus、オランダのEneco、アイルランドのPower Capital Renewable Energyなど、包括的なオフセットから24時間365日のエネルギーマッチングへの移行を目指す多くのPPAを締結しました。

米国では昨年、EDPRと合計650MWの太陽光発電契約を締結したほか、テキサス州ではØrstedと、ノースカロライナ州とサウスカロライナ州ではSol Systemsと、ノースカロライナ州ではApex Clean Energyとそれぞれプロジェクトを進めています。

2024年までにGoogleは、オランダ、ベルギー、イタリア、ポーランド、アリゾナで電力購入契約(PPA)を締結しています。同社はまた、炭素回収への投資を発表し、革新的なエネルギー生成技術のためのRFPを発行しました。

24時間年中無休のPPAは、支払われたクリーンエネルギーが大口消費者によって使用された電力量と一致することを保証するものです。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。