オラクル、英国で2つの政府系クラウドリージョンを展開

オラクルは、英国の公共部門向けに2つの新たな政府系クラウドリージョンをイングランドとウェールズで立ち上げます。

英国の「デュアル」 リージョン は、世界では27番目と28番目のOracleリージョンとなります。尚、同社は2021年半ばまでに合計36のクラウドリージョン保有を計画しています。

オラクルの事業戦略は、同社が事業展開する国ごとに2つのクラウドリージョンを設ける事です。英国の2つのクラウドリージョンは、オラクルのプライベートネットワークを介してリンクされ、独立したリージョン間でディザスタリカバリのバランスを取りつつ、データ主権(data sovereignty)の要件を満たすことができます。

2つの個別の/リンクされたクラウド

オラクルによりますと、各政府クラウドリージョンは、英国政府と国防省の仕様と要件を満たすように協調設計されています。

オラクルのデュアルリージョンは、National Cyber​​ Security Center(NCSC)が概説するセキュリティ原則に準拠しています。NCSCは、サイバーセキュリティの脅威を回避する方法について、公共部門と民間部門にアドバイスとサポートを提供する政府機関です。法律で定める機密データは、特に合意がない限り英国内に保管されます。リージョンを提供するデータセンターで勤務するオラクルの従業員は、英国のデータを処理する前にセキュリティクリアランスを取得する必要があります。

今後開設されるウェールズのクラウドリージョンは、Oracleとしてロンドン以外での初の施設となります。尚、同社は過去にも英国政府と協力し、教育、地方自治体、および公共部門の医療施設向けにクラウドサービスを提供してきました。

オラクルUK&イスラエルのシニアバイスプレジデントを務めるリチャード・ペトリー氏は次のように述べています。「我々は数年前から英国で政府系クラウドリージョンを提供していたが、本日の発表により、英国全土のあらゆるお客様がオラクルの第二世代クラウドを利用できる全く新しい可能性が開かれた」

リー・ウォーターズ経済運輸副大臣は、次のように述べています。「ウェールズは、英国のデジタルインフラストラクチャにおける重要拠点であり、イノベーションとサイバーセキュリティの道を切り開き、オラクルが持つ豊富な専門的知識とリソースを活用するのに最適な場所である。このプロジェクトは、英国の公共部門を強力に後押しし、データの安全な保持を保証し、一般提供されるサービスを改善する」

9月に、オラクルは、米インテリジェンス・コミュニティと国防総省が運営する同様の政府系クラウドリージョンの導入に契約しました。

同社は、特に米国において政府機関と協力してきた長い歴史があります。

最近では、オラクルはJEDIプロジェクトのような大規模な政府契約での幸運には恵まれませんでした。ただし、オラクルは、2018年に国防総省に対し9億5,000万ドルのAWS再販契約をわずか6,500万ドルに削減させたり、100億ドル規模のJEDI契約を阻止しようとしたりするなど、競合他社と合法的に絡み合っているわけではありません。9月に、オラクルは米国議会図書館に対し、AWS、Azure、Googleの提案を求める要件を撤回するよう求めた裁判に勝訴しました。

Data Center Dynamics

原文はこちら