Green Mountain、ノルウェーのカルバーグにデータセンターを計画

ノルウェー発のデータセンターニュース

Green Mountainは、ノルウェーのカルバーグバレーにデータセンター「クラスター」の開発を計画しています。

このキャンパスの建設は、変電所や英国やヨーロッパへの直接光フ​​ァイバ回線が構築された後に続き行われます。Green Mountainは、カルバーグバレーでのプロジェクトは、国際的なハイパースケーラー、コロケーション事業者、そして一般企業顧客の誘致を目的としている、と言います。

理想的な場所

Green MountainのCEO Tor Kristian Gyland氏は、次のように述べています。「北欧地域で、カルバーグほど良好な条件を持つ場所はあまりない。既に複数社の国際的なクライアントからのリクエストがきている。この地域は、Facebookが設置したスウェーデンのルレオにあるクラスターよりも大きく成長すると予想している。ここが今日のノルウェーでのデータセンター開発における最も有望な地域であると確信している。」

この施設は、22ヘクタール(54エーカー)の区画に、当初は3 MW、12か月後には10 MW容量に拡張が予定されています。また、国際空港、海港、鉄道のあるスタヴァンゲル市から南へ約30分ほどの場所に位置します。

新たな区画は約225,000平方メートル(2.4m平方フィート)で、更に25,000平方メートル(250,000平方フィート)の拡張可能エリアを確保しています。

– shutterstock

ユーティリティ事業者のStatnett社がFagrafjellに建設した新しい変電所もあり、この地域は理想的である、と同社コメントしています。尚、鉄道駅は2023年に完成が予定されています。

変電所は3つの独立した水力発電ダムからの給電、また風力による給電も期待されています。カルバーグはこの変電所にアクセスでき、発電所の設立後36か月以内に300MWの電力を得ることができると見られています。

Green Mountainの最初の施設であるDC1は、スタヴァンゲルから北に約30分のところにある旧Natoの武器貯蔵庫に作られた26MWのデータセンターです。最大35MWの電力を供給する2番目の施設(DC2-Telemark)はノルウェーの反対側のリューカンに構築され、その後拡張が行われています。同社はまた、オスロにもデータセンターを保有しています。

DC1とDC2は、Tier III認定を受けており、水力発電で稼働し、周囲の山岳水(またはDC1は氷河下フィヨルド水)による冷却に依存しています。

NO-UK

Green Mountainは、新しい海底ケーブル「Englandcable」の敷設コンソーシアムにも参加しています。これはノルウェーから北海を横断した接続を提供します。全長700 km(435マイル)のEnglandcableは2021年に敷設され、ケーブルランディングステーション(CLS:陸揚げ局)からGreen Mountainのスタヴァンゲルデータセンターに接続されます。このケーブルは、Altibox社の子会社であるLyse社が運営するより大規模な光ファイバ海底ケーブルのEuroconnect-1にも接続されます。

160テラビットのEuroconnect-1は、ノルウェーとロンドン、ブリュッセル、アムステルダム、ハンブルク間を繋ぎます。英国では、イングランド北部の村Seaton SluiceにあるCLSで陸揚げされ、ニューキャッスルのCobalt Business ParkにあるStellium DataCentresの施設に接続されます。

尚、Englandcableを支援するコンソーシアムは、Green Mountain、Lyse、Haugaland KraftおよびBKK、Hatteland Group、およびRyfylke IKSらで構成されています。

– NO-UK

Data Center Dynamics

原文はこちら