サムスン、テキサス州テイラーに170億ドルのチップ工場を計画

仮釈放されたリーダー、イ・ジェヨンによる初の大型投資決定

サムスン電子は、テキサス州テイラーに170億ドル規模の半導体工場の建設を計画しています。

この施設は2024年後半に稼働する予定のため現在のチップ不足の危機を緩和することはできませんが、国内生産量の減少に対する米国の懸念を解消することができます。

新施設ではスマートフォン、5G、データセンターHPC、人工知能プラットフォーム向けのプロセッサを開発し、サムスンと顧客のためにチップを製造します。

ジーナ・ライモンド商務長官は声明の中で、「半導体チップの国内生産を増やすことは、国家および経済の安全保障にとって非常に重要です」と述べています。「半導体は私たちの経済全体を支えており、需要は今後も増加していくでしょう。」

新しいチップ工場は、サムスンがすでにチップ工場を運営しているオースティンから約30マイルのところにあります(今年初めに冬の嵐「ウリ」の影響で操業を停止し、数億円の損害を被りました)。ライバルのTSMCもアリゾナ州に120億ドル以上を投じて工場を建設していますが、ここにはインテルの工場も2つ入る予定です。

サムスンの新施設ではテキサス州から2,700万ドルの助成金を受けて、約2,000人の雇用が創出される見込みです。加えて、より大きな減税やインセンティブが期待されています。

テイラー州は以前、サムスンに最初の10年間は90%以上の固定資産税の減免措置を提供していました。また同社は520億ドルのCHIPS法から30億ドルの優遇措置を受ける可能性があると、テキサス州選出のジョン・コーニン上院議員は述べています。この法律がすんなり可決された場合、優遇措置は米国企業に与えられることになりますが、これはインテルがロビー活動を行っていることでもあります。

テキサス州のグレッグ・アボット知事は、「これはテキサス州における史上最大の外国直接投資である」と述べています。

サムスンは新しい工場の建設地を何年もかけて検討し、複数の候補地に働きかけ、より良いインセンティブを求めて競合させました。しかし、最終的にはサムスングループのリーダー、 李在鎔 ( イ・ジェヨン ) が、テキサス州のチップ工場のような重要なビジネス上の意思決定を早めるために、8月に早期仮釈放を認められたのです。韓国のGDPの10~20%を占めるサムスンは、国の経済成長を確保するという名目で、犯罪を犯しても幹部が赦免されるなど、優遇措置が取られてきました。

2017年、李は朴槿恵大統領(当時)の友人に賄賂を贈った罪で有罪となり、韓国で5年の実刑判決を受けました。彼の判決は30カ月に修正され、そのうち約18カ月を服役しています。

このサムスンのリーダーは、「韓国のラスプーチン」と呼ばれる偽キリスト教のカルト指導者、崔順実(チェ・スンシル)氏に賄賂を贈り、朴政権時代に政府の政策決定に貢献した可能性があります。朴大統領は、大統領官邸でシャーマニズムの儀式を行っていたことを否定しましたが、スキャンダルの後、罷免され30年以上の懲役を宣告されています。

李は 崔順実 に金と馬を与えて、サムスンの複数の子会社間の合併が確実に通るようにし、病弱な父親が亡くなった後に会社の支配権を固めようとしました。

李の父親の 李健熙 (イ・クンヒ)は大統領への贈賄で有罪判決を受け、その後、恩赦を受けましたがは2014年に心臓発作を起こし、身体が不自由になっていましたが、昨年亡くなるまでサムスンの技術面を担当していました。

李在鎔 がグループリーダーとなったことで、米国でのチップ拡大計画を含む大規模な合併や投資の決定には、 李在鎔 が署名しなければならなくなったのです。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。