NTT、バージニア州アッシュバーンの6棟目のデータセンターを着工

24MWのVA6は2024年初頭に稼動予定

米国バージニア州北部でNTTの新データセンターの建設工事が開始されました。

Clark Construction Groupは今週、ラウドン郡にあるNTTアッシュバーンキャンパスでの新データセンターの建設に着工したと発表しました。

188,000平方フィート(17,465平方メートル)のVA6データセンターは、24MW容量を備え、サイト6棟目のデータセンターとなる予定です。VA6は、2024年第1四半期に完成する予定です。

Clark Constructionの副社長で、ミッションクリティカルなプロジェクトのポートフォリオを統括するLouie Sarracino氏は、次のように述べています。「NTTと提携し、この地域の重要なインフラプロジェクトを提供し、顧客のニーズをサポートできることに興奮している。データセンターはClarkにとって重要な分野であり、大西洋岸中部地域とその先のデータインフラ分野での成長を加速させたいと考えている」

NTTは現在、バージニア州北部でキャンパスを1拠点運営しています。これはもともとRagingWireブランドで運営されていたもので、ラウドン郡アッシュバーンの78エーカーのキャンパスには、合計224MW容量、970,136平方フィート(90,100平方メートル)のデータフロアスペースからなる9棟のデータセンターが計画されています。

同社は最近、バージニア州北部のプリンスウィリアム郡に新たなデータセンター・キャンパスの建設計画を発表しました。同社はゲインズビルで103エーカーの土地を取得し、そこで336MW規模のデータセンター・キャンパスの建設を目指すとしています。4棟の建物と200万平方フィート(約185,800平方メートル)以上のデータセンター・スペースを擁するゲインズビルの敷地は、フル稼働時には同社にとって米国最大のキャンパスとなる予定です。最初の2階建てビルは、2024年の第2四半期にオープンする予定です。

2022年には、スペインインドネシアインドで施設を開設し、英国とスイスの既存施設を拡張し、ベトナムで新しいデータセンターの計画を発表しました。オーストリア、ドイツ、南アフリカでのプロジェクトも進行中です。

NTTは米国全土で拡張を進めている。2021年にはシリコンバレーオレゴン、イリノイで新しいデータセンターを立ち上げ、アリゾナでの新キャンパスを発表しています。NTTグローバルデータセンターの製品管理担当副社長であるブルーノ・ベルティ氏は昨年、DCDイベントの参加者に対し、Covid-19によって顧客が同社のデータセンターで「2倍、3倍」の容量を確保しようとするようになったと語っている。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。