Northern Virginia’s Prince William County.

NTTがバージニア州ゲインズビルに336MWのキャンパスを計画

バージニア州北部に第2キャンパスを計画

NTT Ltd.は、バージニア州北部のプリンスウィリアム郡に新しいデータセンター・キャンパスを建設する計画を発表しました。

同社は今週、バージニア州ゲインズビルにある103エーカーの土地を、民間の開発業者Lerner Enterprises から購入したと発表しました。取引条件は明らかにされていません。

NTTは、ジョン・マーシャル・ハイウェイに、4つのビルと200万平方フィート(185,800平方メートル)以上のデータセンタースペースにまたがる336MWのデータセンターキャンパスの開発を目指すと発表しました。最初の2階建てのビルは2024年の第2四半期にオープンする予定です。完全に建設が完了すると、ゲインズビルの敷地は同社にとって米国最大のキャンパスとなります。

NTT Ltd.グローバルデータセンターアメリカの社長兼CEOであるDoug Adamsは、「バージニア州における新しいデータセンターキャンパスの開発は、北米における当社の大きな成長と勢いを示すものです」と述べています。「この戦略的な土地の購入は、全米でデータセンター事業を加速させるために取っている多くのステップの1つに過ぎません。完成後に新キャンパスにお客様をお迎えすることを楽しみにしています。」

NTTは現在、RagingWireから引き継いだ北バージニアの他の1つのキャンパスを運営しています。ラウドン郡アッシュバーンにある78エーカーのキャンパスには、合計224MWの重要なIT負荷と970,136平方フィート(90,100平方メートル)のデータ床面積を持つ9つのデータセンターが建設予定となっています。

「プリンスウィリアム郡での土地購入は、当社が新たな重要な成長分野への進出を目指す多角化戦略の一環です。バージニア州での新キャンパスの開発は、世界中で行われている14の進行中のプロジェクトのうちの1つとなります」と、NTT Ltd. Senior Executive Vice President 森林正彰 は述べています。

2022年には、スペインインドネシアインドで施設を立ち上げ、イギリスとスイスの既存施設を拡張し、ベトナムで新しいデータセンターの計画を発表しています。オーストリア、ドイツ、南アフリカでのプロジェクトも進行中です。

NTTは米国全土で拡張を進めています。2021年にはシリコンバレーオレゴン、イリノイで新しいデータセンターを立ち上げ、アリゾナでの新キャンパスを発表しています。NTTグローバルデータセンターの製品管理担当副社長であるブルーノ・ベルティ氏は昨年、DCDイベントの参加者に対し、Covid-19によって顧客が同社のデータセンターで「2倍、3倍」の容量を確保しようとするようになったと語っています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。