• 電気/冷却
  • 最新の電気・冷却効率化の取り組みを紹介

インテル、7億ドル規模のオレゴン州データセンター持続可能性ラボを発表、液浸冷却システムも予告

インテルは、米国オレゴン州ヒルズボロに7億ドルを投じて、持続可能なデータセンター技術に特化した研究所を設立すると発表しました。更に同社は、オープンな知的財産(オープンIP)としての液浸冷却設計を公約しましたが、詳細については明らかにしませんでした。

ヒルズボロ研究所は、インテルのJones Farmキャンパス内にある20万平方フィート(18,580平方メートル)の施設で、2023年に開設される予定です。そこでは、熱や冷却、水の使用量などを見ることができます。また、インテルのデータセンター向け製品のテストや、お客様向けの技術ショールームも提供されます。

一方で同社は、液浸液冷のオープンな知的財産(オープンIP)リファレンスデザインの共有についても約束しました。同社はこれをまず台湾で進め、その後グローバルへの展開を目指しています。しかし、インテルのロゴが入った液浸槽の写真以外、詳細は明らかにされませんでした。

DCDは詳細について確認を取っています。

オレゴンでのさらなる拡張

この新しい「メガラボ」は、既存のインテル製品だけでなく、開発中の製品も見ることができ、顧客やパートナーがインテル製品をデータセンターで使用する様子を見ることもできるショーケースとなる予定です。

今回の発表は、ヒルズボロのロンラー・エーカーズにあるインテルのD1Xチップ工場の30億ドル規模の拡張を発表したことに続くものです。インテルはオレゴン州に約22,000人のスタッフを擁し、州内最大の雇用主となっています。ジョーンズ・ファームは、オレゴン州にある4つのキャンパスのうちの1つです。

ヒルズボロ市長のスティーブ・キャラウェイ氏は、次のように述べています。「ジョーンズ・ファームキャンパスへの “メガラボ “建設の発表に、私たちは非常に興奮している。今回の7億ドルの投資は、インテルの研究開発の中心地として、私たちのコミュニティを将来に向けて大きく前進させるものである。今日はオレゴン州ヒルズボロにとって、素晴らしい日だ」

ヒルズボロ市の経済・地域開発部長であるダン・ディアス氏は、政府の認識を高めるよう呼びかけました。「このプロジェクトは、ヒルズボロ、ワシントン郡、ポートランド地域、そしてオレゴン州が、全米の半導体イノベーションの中心地である理由を示すものでもあり、この重要産業において米国とオレゴン州が世界的リーダーシップを維持するために、連邦政府はさらなる投資と支援を検討する必要がある」

インテルのリリースには、「業界初のオープンIPデータセンター液浸冷却ソリューション」と呼ばれるリファレンスデザインの詳細やリンクは含まれていません。インテルは、このリファレンスデザインは導入が容易で拡張性があると約束し、またインテルが電力密度の向上というトレンドに対応するのに役立つとしています。

液体は空気よりも効率的に熱を除去できるため、液冷システムはサーバーラックの電力密度上昇に対応する最適なソリューションとして認知されつつあります。この技術は、スーパーコンピューティング分野では広く普及していますが、データセンターでは異なるインフラ設備や重い液浸タンクを支える強固な床が必要であり、普及に向けた障壁があります。

また、標準化にも課題があります。液浸冷却システムは、GRC、Asperitas、Submer、TMGcoreなどの複数メーカーは液浸槽を提供し、一方でIceotopeやLiquidCoolは垂直ラックで冷却液を稼働させています。これらと並行して、ZutacoreやLiquidStackなどのメーカーは、流体を沸騰させてより多くの熱を除去する二相式冷却を推進しています。

インテルは、「インテル台湾とのパートナーシップにより完成する予定である」と述べており、これはリファレンスデザインがまだ完成していないことを示唆しています。「パートナーシップで」という言葉から、(これがインテルとインテル台湾のパートナーシップでない限り)プロジェクトが完全に自社内で行われるものではないことを示唆しています。

インテルの写真は、GRCやSubmer、Asperitasのような液浸槽のように見えます。同社は、確かに複数ベンダーの液浸槽のテストを行ってきました。同社は2012年にまずGRCの液浸槽のテストを行い、2022年の初めにパートナーシップを締結しました。また、昨年はSubmer社との提携を発表し、液浸冷却技術の開発を進めていました。

この設計は「段階的アプローチ」で提供され、まず台湾で登場し、その後パートナーとともにグローバルに展開される予定です。

オープンIPシステムであるという公約は、オープンソース・ハードウェア団体であるOpen Compute Project(OCP)が、オープンな液冷設計の生産と共有を目指す独自の液冷グループと重複する部分があるかもしれません。

台湾は、インテルのパートナーであるサーバーメーカーWiWynnの本拠地であり、同社は独自の液冷投資を行っていることに注目したい。WiWynnは、マイクロソフトと提携し、LiquidStackにも投資しています。この2社は、インテルの液浸槽計画とは異なり、二相式システムであるため、これは関係ないと思われます。

この謎に対する答えは、インテルのリリースの脚注にある、フランスの会社2CRSiから来た液冷のパンフレットへのリンクにあるかもしれません。2CRSiはSubmerのSmartPodタンクを再販しており、バランス的にはインテルの計画はSubmerのSmartPodを中心に展開されているように見えます。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。