BMWがEcoDataCenterと6年間のHPC契約を締結

BMWはスウェーデンのEcoDataCenterと6年間の HPC 契約を結びました。

BMWは昨年既にEcoDataCenterと契約し、EcoDCの旗艦サイトであるファールン施設に4MW規模のコンピューティングリソースを配備する予定です。

成長への野心を加速

同社は、「北欧地域のデータセンター事業者競合各社との激しい競争の末」契約を受注しましたが、Fortlax Datacenterの買収による既存の取引関係により恩恵を受けた可能性が高いとコメントしています。

昨年末に我々がファールンのデータセンターを訪れた際に、CEOのLars Schedin氏は、BMWはスウェーデン、ピーテオにあるFortlax施設での最大の顧客であると述べ、「BMWはファールンにも来るだろう。」と付け加えていました。

その際にSchedin氏は、BMWがファールンサイトのアンカーテナントとして機能し、そして「(アメリカ企業ではなく)北欧地域における主要サービスプロバイダーとなる」計画への第一歩となることを期待していると語っていました。

「ナンバーワンかナンバー2になることが重要。それ以外の場合は、あなたが誰もいないとは言いたくないのですが…」

今週の契約獲得を受けて、同社は「BMWと同様、高い需要を持つより多くの顧客を受け入れるのに非常に良いポジションにいる。我々の非常に熟練されたチームと素晴らしい設備と共に、私は今後を楽しみにしている。私たちの旅は始まったばかりです。」

木製フレームを持ち、その廃熱を使い、近くのCHP(コジェネレーション)施設でペレットの乾燥に役立てているファールンサイトは、「クライメート・ポジティブ」施設として言われています。「サスティナブル(持続可能)なデータセンターへの需要が明らかに高まっていることがわかる。」とSchedin氏は述べています。

Data Center Dynamics

原文はこちら