• エッジ
  • 加速するエッジコンピューティングの最新動向

AWSがアトランタ、フェニックス、シアトルにローカルゾーンを開設

現在、米国16都市で17カ所のエッジ展開中

AWSは、アトランタ、フェニックス、シアトルにローカルゾーンを開設しました。

ローカルゾーンは、エンドユーザーやオンプレミスへの低レイテンシを必要とするアプリケーションをホストするエッジ拠点として機能します。各ゾーンでは、レイテンシに敏感なアプリケーションのために、人口集中地に近いローカルゾーン内で選択したサービス(コンピュート、ストレージ、データベースなど)を提供するもので、通常Amazonが既存のデータセンターを持っていない場所でも利用できます。各ゾーンは特定の親リージョンの「子」であり、そのリージョンのコントロールプレーンによって管理されます。

「本日、アトランタ、フェニックス、シアトルでAWS Local Zoneの一般提供を開始することを発表します。お客様は、これらの新しいLocal Zoneを利用して、エンドユーザーに数ミリ秒以内のレイテンシを必要とするアプリケーションを配信したり、これら3つの都市圏のオンプレミスに設置することができます」と、同社はこのニュースを発表した投稿の中で述べています。

2019年に初めて発表され、昨年15カ所で開始したローカルゾーンは、現在16都市で17カ所となっています。また、ボストン、シカゴ、デンバー、ダラス、ヒューストン、カンザスシティ、ロサンゼルス(x2)、ラスベガス、マイアミ、ミネアポリス、ニューヨーク、ポートランド、フィラデルフィアで一般に利用可能です。同社は、これ以上米国の拠点を増やす計画は発表していません。

DCDからの要請にもかかわらず、AWSはLocal Zoneのインフラが置かれている施設の詳細を明らかにしていません。

12月、AWSはローカルゾーンをグローバルに展開し、年間を通じて20カ国以上で30のEdgeロケーションを開設することを発表しました。AWSはどの都市でサービスを提供するのか詳細を明らかにしていないが、以下の国々でZoneを提供すると約束しています。アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、ドイツ、ギリシャ、インド、ケニア、オランダ、ノルウェー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、南ア。

また通信事業者の5Gネットワーク内に設置され、コンピュートとストレージを提供するサービス「Wavelength Zones」を運営し、近隣のAWSリージョンで稼働するクラウドサービスへのアクセスも提供しています。

Verizonは米国におけるAWSのWavelengthパートナーで、アトランタ、ボストン、シカゴ、ダラス、デンバー、ヒューストン、ラスベガス、マイアミ、ニューヨーク、フェニックス、サンフランシスコ、シアトル、ワシントンDCの米国13都市でゾーンを提供しています。

AWSはVodafoneと提携し、英国ロンドン、ドイツのベルリン、ミュンヘン、ドルトムントで波長ゾーンサービスを開始しました。また、日本の東京と大阪ではKDDIを通じて、韓国の大田ではSKテレコムを通じてサービスを提供しています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。